スノーボード

【スノーボード】もう冬だしウェアの下は何を着たらいいかオススメ構成を紹介する

もうオープンするスキー場もあって初すべりのニュースも出てくるようになってきました。

ウェアも準備してこれからすべりに行く人もウキウキワクワクが止まらないと思います。

でもこう思っている人も多いんじゃないでしょうか…?

「ウェアの下って何着ればいいんだろう…?」

着こみ過ぎると動きづらくなりますし、特にブーツまわりは適切に着るものを選ばないと足が痛くなったりします。

そこで今回はぼくが普段スノーボードをしてるときのウェアの下に着ているものの構成を紹介します。

・ジャケットウェアの下は何を着るか

・パンツウェアの下は何を着るか

ジャケットウェアの下は何を着るか

ジャケットウェアの下には肌着となるファーストレイヤーとその上にミッドレイヤーを着るようにしましょう。

ファーストレイヤー

肌着でもあるので、着心地は重視しましょう。

さらに重要なのは、吸汗速乾素材であること。

多少汗をかいたとしても速乾させて汗で冷えることがなくなります。

ぼくのオススメはこちら。

バイク用品のインナーですが、ウィンタースポーツにも活躍します。

オススメな点としては、吸汗速乾素材にくわえて蓄熱保温素材も含んでいること!

体から発する熱を反射して衣服内に留める効果があります。

ウィンタースポーツにもってこいですな!

ミッドレイヤー

ずばりフリースジャケットがオススメです。

フリース素材は速乾性があり、軽いのが特徴です。

肌触りもよく、ウェアの下に着るミッドレイヤーとして最適です。

パンツウェアの下は何を着るか

肌着のパンツ、ハーフパンツ、ハイソックスを身につけましょう。

肌着のパンツ

いつもお召しになっている着慣れたものをドウゾ。

はき心地のいいものが一番です。

ハーフパンツ

長いズボンだと動きにくいのと、スノーボードブーツだと裾が余りまくったりで相性がよくないのでハーフパンツを推します。

ズボンの裾をブーツの中に入れると足を圧迫して痛くなるので入れません。

ジャージのハーフパンツで十分です。

ひざ下くらいまであるものがベストです。

ハイソックス

ズバリくつ下ですが、ひざ下まであるハイソックスを履きましょう。

短いくつ下だと、ブーツの中で靴下が動いたり脱げかけたり足を圧迫して痛くなってしまいます。

ぼくのオススメはこれ。

オススメな点としては、速乾性と防臭性に優れていることと軽いこと。

疲れにくくするためには軽いことが重要です。

それと汗をかいても速乾性があることで濡れにくく重くなりにくいです。

まとめると

ウェアの下に着るもので用意するものは、

上半身

・ファーストレイヤー

・フリースジャケット

下半身

・肌着のパンツ はき心地のいいもの、お好みのもの

・ジャージのハーフパンツ ひざ下くらいまであるやつ

・ハイソックスのくつ下

快適にゲレンデの中をすごすためにウェアの下に着るものは適切に選んで、ウィンタースポーツライフをより楽しいものにしていきましょう!

今回はこの辺で!